パンジーの購入時期のところでも説明しましたが、パンジー、ビオラの理想の植える時期は10月下旬〜11月上旬です。もちろんこれには年による気温の変動や地域差がありますが、一般的には秋の後半が最適な植え時です。

真冬の厳冬期には、いくらパンジーが寒さに強いといっても成長は遅くなります。まして霜で地面が凍ったり、雪が積もれば、パンジーにとっても快適な環境ではありません。そうなる前に地面にしっかり根を張っておくことが必要です。そのための時間を考慮するとやはり、どんなに遅くても11月中旬くらいまでには植えておきましょう。

また早めに苗を購入すればさし芽でも増やしやすいので、12月までにはさし芽で増やして育った新しい苗を移植することが可能です。

冬の間も気温が高ければ花を咲かせるパンジーですが、本格的に花を次々と咲かせる時期は3月〜4月です。この時期は株もどんどん大きく成長します。ですから2月下旬〜3月上旬に苗を購入して植えるのもひとつの方法です。

また5月に入り気温が高い日が続くと、徒長してくたっと元気がなくなりますが、しっかり手入れをしてあげれば6月中旬くらいまで花を咲かせてくれます。

 

長く花を楽しむ手入れのポイントは

 

ー購入時に主軸を切る

ー春先の摘心、ピンチ

ー3月以降、週に1度の追肥

ー5月の切り戻し

 

です。これらについては別項で詳しく説明していますのでそちらをご参照下さい。

春先のパンジーの花壇

| 苗の選び方と買い方植え方プランター編植え方花壇編水やりと肥料摘心・ピンチ切り戻し|さし芽で増やそう| 

item12a1a1a1a1a1a1a1
パンジー、ビオラの摘心・ピンチ