FullSizeRender12

11月13日に、パンジー、ビオラをプランターに植えました。

庭のメインの部分には、まだベコニア、サフィニアなどが咲いているため植えるスペースがありません。

それで、まず空いているプランターをかたっぱしから出して来て、そこにパンジー、ビオラを寄植えすることにしました。

寄せ植えと言っても、パンジー、ビオラの他は、ミニシクラメンが1苗だけですが。

FullSizeRender20

今年はホームセンターで、パンジー/ビオラが10ポット単位で650円で売られています。1ポット65円とはかなりお買い得ですよね。

でもうかうかしてると人気の色や元気の良い苗はすぐ売り切れになってしまうので、植えるスペースが空くのを待ってはいられません。

そこでフライングですが、苗だけ先に40ポットほど買っておいたのです。

でもあまり考えずに買ってしまったので、ちょっと買い過ぎだったかな〜〜(><)

FullSizeRender19

一番上の写真はシクラメンとパンジー、ビオラの寄植えですが、それ以外は全部、パンジー/ビオラだけのプランターです。

もっとミニシクラメンやノースポールとの寄せ植えをしたかったのですが、いかんせんパンジー/ビオラを買い過ぎてしまいました(><)

今回は特に色の組み合わせを考えながら植えていきました。

FullSizeRender14

庭の花壇で一部空いているところには、水色/紫/白、の組み合わせで植えました。

プランターは、オレンジと黄色の組み合わせや、ワインレッドとオレンジ、ワインレッドと黄色、の組み合わせも試してみました。

オレンジと白、黄色と白、もきれいなのですが、ちょっとワインレッドを多く買い過ぎちゃったようです。

FullSizeRender16

植えるときは、プランターの土を全部入れ替えると良い、と演芸のガイドブックなどには書かれていますが、わたしは土の入れ替えをおこなったことはありません。

植える前に、土をスコップで掘り返して空気となじませる程度です。

あとは、苗の回りに元肥を施し、たっぷり水やりをします。

そして植えて1〜2週間経った頃に主軸切りをおこなうだけです。

これで毎年、きれいな花をたくさん咲かせるので、あえて土の入れ替えはおこなっていないというわけです。

今年の冬はどうなるでしょう。

成長の様子はこの育成日記で随時アップしていきますのでどうぞお楽しみに♪

| 苗の選び方と買い方植え方プランター編植え方花壇編水やりと肥料摘心・ピンチ切り戻しさし芽で増やそうパンジーの病害虫風水