パンジー・ビオラをさし芽で増やす方法

パンジー、ビオラはさし芽で簡単に増やすことができる花です。

ということでさし芽に挑戦したんですが、、、

結論から言うとほぼ失敗でした(><)/

原因は、さし芽をした時期が遅かったということだと思います。そして冬場の異常な低温もさし芽の苗の育成に良くなかったかと。

今回はパンジーの苗を買うのが出遅れてしまい12月に入ってからでした。そしてプランターや花壇に植えるときに主軸を切ってそれをさし芽にしました。

ところが作業が終ってすぐ猛烈な寒波がやってきて、さし芽を育てるには厳しい環境だったと思います。寒波が厳しいときは夜間はプランターを室内に入れるなど工夫をしましたが、日中もずっと室内ではさすがに日照不足になってしまいます。1〜2月は雪が積もったり霜がおりたりと引き続ききつい状況の毎日でした。

結局2株ほど枯れずに育ったので、花壇に移植しましたが、移植するとき根を見たらほとんど生えていませんでした。よくこれで枯れずに育ったな〜〜と感心するほどでした。

花壇に移したあとも極端に気温の高い日や4月になっても真冬並みの寒さがあったりして、小さなパンジーの成長には過酷な環境だったと思います。でもがんばって小さな花を咲かせてくれたので感謝です♪

次回はもっと早く苗を購入して、早めにさし芽をおこないたいと思います。できれば12月上旬にはさし芽の苗がしっかり育ってることが理想です。

主軸を切ってさし芽にしました。

さし芽にした途端、厳しい寒さになって育成にはよくない環境でした。

日中はプランターごと外に出して日光浴をさせてあげます。でもどんどん元気がなくなっていきました。

さし芽で育ったパンジーの花

結局2株だけ枯れずに残ったので、春になって花壇に移植しました。小さな花を元気よく咲かせてくれました(^^)/

| 苗の選び方と買い方植え方プランター編植え方花壇編水やりと肥料摘心・ピンチ切り戻し|さし芽で増やそう| 

item12a1a1a1a1a1a1a1
パンジー、ビオラの摘心・ピンチ