■パンジー・ビオラの摘心/主軸を切る

パンジー・ビオラの摘心の特徴は主軸を切ることです。

主軸とはその名の通り、株の中心で一番元気よく伸びている茎です。先端にはたくさんの葉や茎、花芽が付いています。ここを切るとその後、株がこんもり大きく成長し、あとでよりたくさんの花を咲かせてくれます。

ただし主軸を切ると、少なくともその後1ヶ月くらいは花は咲きません。

主軸を切る作業は必ずしもおこなう必要はありません。ただしその場合、春になったとき株が弱かったり、花の付き方が遠慮気味になっているかもしれません。

どちらを選ぶかはあなた次第です。都市伝説ではありませんが(ノ_ _)ノ

主軸を切る場合は、1節残して、その上から切り落とします。1節残すと茎の痛みがそこで止まり、それ以上下には行きません。

主軸を切る作業は、植える時が一番理想です。ただそのとき主軸があまり伸びていないようでしたら、植えた後、主軸が伸びてからでもかまいません。或る程度主軸が伸びていないと切り取りづらいと思います。

この作業をおこなうのは1回のみです。

プランターに植えた後2週間ほどして伸びた主軸を切ります。購入した時はこれほど伸びていませんでした。切るのが難しかったため、植えて切りやすい長さまで伸びるのを待ちました。

切る時は一節残すようにすると痛みがそこで止まります。

切り取った主軸はさし芽にして増やします。このように主軸を切り取ると、株が大きく成長し花をたくさん咲かせます。ただし切り取ったあと1ヶ月くらいは花が咲きません。

| 苗の選び方と買い方植え方プランター編植え方花壇編水やりと肥料摘心・ピンチ切り戻し|さし芽で増やそう| 

item12a1a1a1a1a1a1a1
パンジー、ビオラの摘心・ピンチ